十分な睡眠を

ヘルスケアは、特別なことは不要です。日々の生活の中で何気なく行っていることに対して、その意識の持ち方を変えることでも、十分なヘルスケアとなり得ます。中でもぜひ、見直したいのが睡眠の存在です。寝られれば十分と言う考えの人も多いかもしれませんが、実は睡眠とヘルス、健康の間には深い関係があります。たとえば睡眠中、人間の体内では成長ホルモンが分泌されています。成長と聞くと、思春期にある子供にのみ重要なものと思われる方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。その時期を過ぎた大人であっても、あるいは高齢の人であっても、成長ホルモンは疲労回復、細胞や筋肉の修復と言った、とても重要な役割を果たしています。また肌の生まれ変わりであるターンオーバーも成長ホルモンによって促進されているため、美容面でもこのホルモンは重要な存在と言えます。それから睡眠中、脳はその日の出来事や記憶を整理しています。これはメンタルヘルス、心の健康に対しては非常に重要なことで、この整理が不十分だと気持ちの切り替えや記憶の呼び起こしなどがうまくいかなくなる可能性もあります。ストレスの解消にも、これは深く関係しています。これ以外にも睡眠とヘルスの関係は様々ありますが、だからこそ、その在り方を見直すだけでも健康に対する大きな効果が期待できます。では、どのような点に気をつけたいかと言うと、まずはしっかりと、ある程度、まとまった時間、眠ると言う点です。成長ホルモンは寝入ってから2~3時間後に分泌が始まると言われていますから、少なくともそれ以上の時間は確保する必要があります。そしてできれば、毎日、寝入りの時間や睡眠時間を統一することも重要です。それから余裕があれば、時間だけではなく質にもこだわりを持ちたいです。自分に合った寝具を使用して、また快適でリラックスできる環境を整えることによって、たとえ時間は短くても、睡眠に対する質を高めることができます。その結果、心身に対する充足感が高まり、ヘルスに対しても良い影響が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です