自分に必要な睡眠時間を把握しよう

朝目ざましをかけても起きられない人、ハードな仕事をして疲れていても朝になると気持ちよく目覚めることができる人の違いは、睡眠時間にある可能性があります。
寝起きが悪い人でも休日など起きる時間が決まっていなければすっきりと起きることができることもあると思います。それは十分に睡眠をとれたということもあるかもしれませんが、自分に必要な睡眠時間やちょうどいい起きるタイミングがあるのかもしれません。
また寝起きが悪いのには生活習慣やもしかしたら精神的な問題のある病気が隠れている可能性もあります。
ただ単に意思や気合などの気持ちが足りないのではなく、何か原因があるかもしれませんので生活習慣を見直してみるとすっきり起きられるようになるかもしれません。
朝寝起きが悪い原因になる良くない生活習慣は、例えば寝る前にスマートフォンやパソコン、テレビの画面を見ていることです。電化製品の画像からは脳を刺激する光がでているので、いざ寝ようとしても脳が起きてしまっていてなかなかよい睡眠がとれなくなってしまうのです。
また部屋を明るくしているとやはり身体が寝る準備ができていないので眠りが浅くなってしまう可能性があります。
その他にも寝る直前までゲームや勉強など頭を使うことをしていたり、食べたり飲んだりしてから寝るまでの時間が短いの内臓が消化するために活発に動いているので眠りの妨げになります。
こういった生活習慣を改善するだけでも眠りの環境がよくなり良い睡眠をとれるようになる可能性があります。
またしっかりと眠ることができていても、長時間寝過ぎてしまうとこれもまた寝起きが悪い原因になります。睡眠不足もよくありませんが、人間は寝過ぎてしまうと疲れが取れるどころか逆に疲れてしまうことがあるのです。
一般的には睡眠時間は6時間から7時間がちょうどいいといわれています。自分がすっきり起きられる時間を把握することができれば毎朝すっきりと目覚めることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です