健康を意識した睡眠の取り方

健康を意識した睡眠をとることによって、後年においても良好な日常生活を送ることが出来るようになります。基本的なデータとして、日本人は世界的に見ても睡眠障害が多い人種であることがわかっていて、だいたい成人の4人から5人に一人は睡眠障害で大きな悩みを抱えています。睡眠不足はうつ病だけではなく肥満や糖尿病を招く原因にもなりますので、なるべく早い段階で対処を考えなくてはいけません。
すいみんというのは、脳や身体を出来る限り休ませることが出来る作業出るため、この作業がないと常に脳や身体を酷使していることになります。脳や身体は、仕事や運動によって代謝機能が向上すると体温が向上し、夕方近くにはその日の中で最も高い体温に近づきます。こうして上がった体温を効率的に下げるために、脳から睡眠をとるように指令が生きますのでこれに逆らわずに普通に寝ることがまず健康的な睡眠のとり方の基本となります。この基本的な睡眠を実施できれば、目覚めた時には下がっていた体温が徐々に上昇していきますので、身体を暖めながら起き上がることが出来るのです。
睡眠と健康をさらに意識した睡眠をとるのならば睡眠を促すホルモンの働きを理解しておくことも大切になります。睡眠を促すホルモンは一般的に夕方以降から増え始めますので、深い眠りにつく深夜に最も分泌されます。この睡眠を促す物質というのは人間の体温を下げて睡眠を誘導してくれますので、この物質が分泌されている時間帯に睡眠を取れば正しい形で睡眠することができ、健康面でも良好な快眠を得ることが可能になるのです。
このような睡眠を促す物質がきちんと分泌されていないといわゆる身体の体内時計の感覚が狂ってしまって健康に害をなすことになります。睡眠を促す物質を効率的に作るためには、その原料となる物質を食事から摂取しなくてはならないので快眠が出来ない人はまず快眠が出来る物質を作る身体を作ることから始めなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です