毎日の睡眠が健康と繋がる理由

毎日の睡眠が健康と繋がり理由は、医学的にも証明されています。臨床実験のデータでは、睡眠時間をよくとっている人物ほど人間の身体の免疫力が向上することがわかっていて、また毎日長い時間睡眠をしている人はそれだけ長生きできることもわかっています。
そもそも、人間の身体には寝ている時にしか分泌されない多くの物質が存在していることが解明されています。例えば、健康面の一つとして睡眠と密接に関連性があるのは記憶力だと脳に司る部分です。脳は身体全体の命令を指揮するもっとも重要な部分ですが、睡眠不足になると脳の活動が低下して慢性的な疲労感や記憶力の低下が生じることになります。人間の脳は、睡眠時にその日の出来事を整理して必要な情報を精査していくことになりますので、睡眠時間を十分に取らずに毎日を過ごすとそうした情報の整理ができなくなって記憶力が落ちていきます。脳の機能が低下していくことになりますので、当然身体全体に対しても悪影響を与えることになります。また、おとなになるほど睡眠不足が健康面と大きな関わり合いを持つのは、大人になると普段の生活で分泌される成長ホルモンという物質がなかなか分泌されなくなってしまうからです。成長ホルモンは、身体の状態を整える役割がありますのでこのホルモンが分泌されやすい若い年齢の時には徹夜などをしても疲れにくい身体を作ることが出来ます。ところが、成長ホルモンは一定の年齢を過ぎると急激に分泌量が少なくなってしまい、一定の時間にしか多く分泌されなくなってしまいますので、おとなになるほど睡眠時間を削ると疲れやすい身体になるのです。そして、この成長ホルモンが最も分泌されるのが、睡眠時間なのです。
このように、人間の健康状態は睡眠をとることによって維持されるようになっているので、日常生活の中で健康状態をずっと良好に維持したいのならば必ず毎日質の良い睡眠をとるように心がけなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です