健康に大切な睡眠について

健康で長生きするためには、睡眠の質を高めることが最も大事になります。睡眠には身体と頭脳、心の疲れを解消する役割があり、ぐっすり眠ると心と身体をリフレッシュすることができ、活力のある毎日を送れます。ぐっすり眠るためには睡眠時間を十分に確保して、眠りの質を高めることが大事なポイントです。
医療機関の研究によると、睡眠の状態が悪化すると生活習慣病を患うリスクが高くなり、健康状態が悪化すると報告されています。このことは厚生労働省も認めており、厚生労働省は健康づくりのための睡眠指針を発表しています。健康づくりのための睡眠指針では12項目の指針を定めており、国民に対して健康のために良い睡眠を取ることを呼び掛けています。
厚生労働省は理想の睡眠時間は6時間から8時間と発表しており、健康のためには6時間から8時間の睡眠を取ることが必要です。睡眠時間を十分に確保することは大事ですが、睡眠の質を高めて良い睡眠を取ることが最も大事になります。良い睡眠を取ることが健康な毎日を送ることに直結します。
良い睡眠を取るためには、規則正しい食生活と定期的に適度な運動を続けることが大切であり、食生活と運動を改善することがポイントになります。寝酒をしたり喫煙をすることは睡眠時無呼吸症候群の原因にもなりますので、良い睡眠をするためには、お酒の飲み過ぎや喫煙は控えることが大切です。また、就寝前のカフェインの摂取は眠りを妨げる原因になりますので、就寝の3時間前には、コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれている飲料は飲まないようにします。
厚生労働省は、日本では若年世代の夜更かしによる睡眠不足が深刻化していると報告しています。若い人は眠る前にスマートフォンやパソコンを操作することが多く、液晶ディスプレイの光の刺激で覚醒が助長され、なかなか眠れなくなります。良い睡眠を取るためには、眠る前にはスマートフォンやパソコンを操作しないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です