レム睡眠とノンレム睡眠はどう違うの?

レム睡眠とは比較的浅い睡眠状態のことで、身体は眠っているけれど脳が活発に機能している状態のことを指します。
レム睡眠の間、人間の身体は筋肉を完全に休めており血圧や心拍数および体温は熟睡時よりも高めの傾向であることが特徴であり、見た夢を覚えているときはレム睡眠状態であるときが多いです。

これに対してノンレム睡眠とは非常に深い睡眠状態のことで、熟睡状態とも言えます。脳も身体も休んでいる状態のことを指し、ノンレム睡眠の間は身体を支えるための筋肉は多少の緊張状態にはあるものの血圧や心拍数そして体温は低下しておりストレスを除去してホルモンを分泌しているという点が特徴であるといえます。

夢はみていても脳が休んでいるので記憶にないことがほとんどです。

人間の身体は入眠から起床までの間にこの2種類の睡眠状態を周期的に繰り返しながら休息をとっており、個人差はありますが基本的にこの2パターンの睡眠の周期は90分間隔であるとされていますが、レム睡眠の占める割合はそこまで多くなく、ノンレム睡眠が90分周期の内の60~80分を占めていますが、正常な睡眠状態であればレム睡眠は入眠時よりも明け方や身体が目覚める生活習慣に合わせて徐々に増えてくるのも大きな特徴となっています。

この睡眠周期に合わせてレム睡眠に身体が入ったタイミングで起床すると、脳が働いている状態のときに目が覚めるのですっきり起きられるのですが、ノンレム睡眠の状態の時に無理やり起こされたり、外的環境によって起床せざるを得ない状況で起きることになると身体もだるく、頭も働いていない状態で非常に目覚めが悪くなってしまいます。これは人体に備わった機能でもあり、一種の生理現象ともいえるのでどうしても変えることはできません。

仮眠や昼寝などが15分程度がちょうどよいといわれる所以もこの周期にあり、人間は入眠してから20~30分程度で急速なノンレム睡眠状態に陥るとされているので、目覚めの悪い睡眠状態に身体が入る前に起きることで多少の休息と爽快感のある目覚めを確保できるからなのです。 質の良い眠りと翌日の快適な目覚めのためには自身の睡眠周期を把握することが大切です。

北の大地の夢しずく